レビトラを勧めて営み復活!バイアグラから乗り換えた理由

レビトラの高い効果を出すために

レビトラとは、含まれている成分がバイアグラとは異なるED治療薬です。
バイアグラは、シルデナフィルという有効成分ですが、それに対してレビトラはバルデナフィルが有効成分です。
効果の表れ方は、使用する個人の体の状態や、体質によって多少異なり、またバイアグラよりもレビトラの方が効果が出るという場合もあり、効果の差も体質により異なります。

効果として
男生性機能の勃起不全と、勃起を維持できない人の治療を目的としたED治療の効果を持ちます。
また、外部からの性的な興奮や刺激後、自然に勃起を促し、維持します。持続時間は空腹時に10mgを服用した場合では、5~6時間の効果が得られます。

注意点として
・この薬は食事に影響されにくい薬ですが、空腹時の服用がお勧めされています。また、アルコールを摂取されている場合、適量ではリラックス効果が加わり、薬の効果を促進するといわれていますが、大量飲酒では効果が半減してしまう恐れが指摘されています。
・あくまでも勃起を促すための補助薬であるため、興奮や性的欲求を高める媚薬効果はないことを念頭に入れておく必要があります。
・HIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬、硝酸剤との併用は禁忌です。併用すると重大な副作用を招く恐れがあるので、絶対に併用して飲んではいけません。

服用方法として
性行為1時間前に内服します。効果の出現時間も個人差や体質による差はありますが、空腹時ではおよそ20分程で効果が出始めます。詳細な作用時間としては、10mgで最低5時間、20mgでは10時間程度の作用時間が確認されています。

食事の影響について
食前2時間、または食後2時間の空腹時に内服することが勧められているのは、食事の影響が低い薬でも全く影響がないわけではないとの理由からです。空腹時の服用が効き始めを早め、最大限の効果を発揮する方法です。
しかし、どうしても食事をされる場合は、食前30分前程に服用し、薬を体内に浸透させてから食事を撮ると、十分な効果を期待できます。
食事内容での注意点としては、消化が悪いもの、油分を含むものを大量にとると十分な効果を発揮できない恐れがあるといわれているので注意が必要です。

持病について
糖尿病、極度の肥満、高血圧、うつ病の持病が原因で勃起不全となった場合は、10mgでは効果が得られないこともあり、医院では20mgを進められる場合があります。